虫歯の原因とは

虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって徐々にカルシウムでできた歯が溶かされていく病気なんですね。

口腔内疾患にはもう一つ歯周病がありますが、それと並んで数が多くて口の中の二大疾患と呼ばれているんですよね。

虫歯の怖いところは初期のまだエナメル質が溶ける段階なら自然治癒する事もあるんですが、象牙質まで溶けてしまったら自然には元通りにならず、放置しておくと進行してボロボロになっちゃいます。虫歯が進行してしまう要因は、初期の段階には全く痛みなどの自覚症状が無くて本人では気づかない事が多いところにあります。

だから虫歯を初期段階に発見できるように定期的に歯科検診を受ける事が大切なんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
PAGE TOP