歯周病の原因とは

歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こります。

この炎症はのちに歯を支える骨を溶かすことがあり、この状況が続くことを歯周病と呼びます。歯周病は悪化すると歯を失ってしまうことにもつながります。

歯垢は取り除かれないと固くなってしまい、歯石に変化します。歯石になってしまった後は普通の歯磨きではなかなか取り除くことが出来ません。そのため、歯周病対策を別に行う必要があります。軽度なものを含めれば成人している方の多くがこの病気にかかっているというデータが見受けられます。

毎日の歯磨きを確実に行うことで予防することが出来ますが、様々な事情で上手く取り除けていないケースもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  3. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…

関連リンク

  • ドライバー転職

    ドライバー転職ドットコムは、ドライバー特化型の求人情報サイトです。初めてドライバー業界をお考えの方、これまでの経験を活かしたい方など、ドライバーの仕事をサポートします。

    www.driver-tenshoku.com/

PAGE TOP