歯周病の恐怖とは

歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎のように、歯そのものに起こる病気ではありません。

歯茎は柔らかい組織と硬い組織の接点であり、体の中では最も弱くなっている部分のため細菌がついてしまうと炎症などの病気をおこしやすくなっているんです。歯茎が炎症を起こす状態が歯肉炎、その状態がひどくなってくると歯周炎となってさらに悪化した状態が歯周病になります。

歯周病というのは、歯の周囲についたプラークが歯と歯茎の間に入り込んで歯を支えている歯を溶かしてしまい、最後には歯が抜けてしまう病気なんです。

最初は歯茎の出血や腫れから始まり痛みがないために放置されて、最終的には骨が溶けて歯が抜け落ちるという恐ろしい病気なんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  2. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP