ドライマウスの原因とは

人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。

日本では、夏場は高温多湿な気候ですが冬場は低温で乾燥した状態が続きます。室内の暖房により乾燥がより進むので適度な加湿をしないでいると、体の部位の乾燥はより進んでしまいます。

口の中が乾燥する状態をドライマウスと呼び、口腔乾燥症とも言います。唾液の量の減少や質の異常が原因であると言われています。影響としては、口臭や乾いた食品を飲み込みにくい、乾いた分だけ水分を飲みすぎてしまい頻尿になるなどがあります。原因としては、老化による更年期障害や糖尿病や筋力の低下がありますが、ストレスからも起こる症状です。また、服用している薬の副作用が原因の場合もあります。

ドライマウスになると、食事上が減ってしまって他の疾病になるという悪循環に陥る例もあるので、原因の見極めと対策が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  2. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  3. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…

関連リンク

  • クリームシャンプー

    タイムラボの新感覚クリームシャンプー「405クレコン」。シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメント、頭皮ケアをこれ1本で実現。毎日のシャンプーを変えるだけで理想のヘアケアができます。

    www.timelab.co.jp/

PAGE TOP