虫歯を放置するとどうなるのか

虫歯ができてしまっても忙しくてなかなか歯医者さんに行けなかったり、特に痛みもないからといって放置してしまうという経験を持っている人も多くいると思いますが、虫歯を放置するとどうなってしまうのでしょうか。虫歯はでき始めは小さくてそれほど痛みはなくても、段々と歯の表面から内部へと進行していき、ついには神経に到達してしまいます。歯の表面だけの場合は適切な処置をすれば進行を食い止め歯を残すことができますが、神経まで到達してしまうと歯を抜く以外に方法がなくなってしまいます。失われた歯はもう二度と戻らないので、虫歯に気付いたら痛みがない場合や忙しくて時間がない場合でも早めに歯医者さんに受診するよう心がけましょう。

虫歯を放置すると顎の骨が炎症するなど重症に

大して痛みはないからといって、口内にできてしまった虫歯を放置していると、顎の骨にまで大きなダメージを与える事になりかねません。歯の一部が黒くなっていると分かったら、それは虫歯かもしれないと考えて、すぐにでも口内の検査を受ける事が大切ですよ。すでに強い痛みが起きているのであれば、歯の神経まで虫歯が到達していて、顎の骨を菌類が溶かしている可能性もあるので注意しましょう。

顎の骨に炎症が発生してしまうと、食べ物を噛んだり水分を口に含んでいない状態でも、強い痛みが発生するようになります。何もしていないのに痛みが発生すると、夜になっても寝付けなくなるのが怖いですね。抜歯をしても痛みが残ってしまうほど、虫歯が悪化する前に歯の治療を始めてください。

けどお金が無いし、まだ大丈夫でしょ?

虫歯の痛みを感じても、お金が無いという事情でなかなか歯医者に行けないという方も多いですよね。お金が無いという理由に限らず、お金が有ってもまだ大丈夫と自分で判断してしまったりする方もいると考えられます。また、単純に歯医者が大嫌いで絶対に行きたくない方もいるでしょうね。虫歯を放置すれば、そのうち虫歯が欠けて最終的には全部無くなってしまう可能性が高くなります。歯の健康を重視する方であれば、お金を借りてでも歯の治療に取り組むかもしれません。それぞれの人によって考え方や価値観は異なるため、歯のケアについては自分自身が納得できる方法を選択すれば良いですよね。ただし、虫歯を放置することには、それなりのリスクを背負うことになりますので、よく考えるほうが賢明ですね。

今でしょ!悪化すればするほど医療費は高くなります

虫歯になったら痛みが出ますし、食事をするときにも噛みにくくなることがありますよね。ただ歯医者が苦手だという人は多く、痛みが我慢できるまで通院しないという人は少なくありません。しかし虫歯は悪化すればするほど、歯を侵食して神経にまで達することがあります。そうなると神経を取り除いたり、抜歯しなければならなくなると、差し歯やインプラント治療など医療費は高くなってしまいます。初期の虫歯であれば、表面だけで治療を済ませることができるので医療費が安いだけでなく1度だけの通院で終わらせることも可能です。嫌なことは早めに済ませておけば、治療費も安く抑えられますし、他の歯に被害を及ぼすことを防げるのですぐに通院することをおすすめします。

虫歯は放置せず治療と予防が大切です

時間が無いと後回しにしてしまうのが、歯の検診や虫歯の治療です。よほど痛みが出たり、食べることに支障が出なければ忙しさを理由にほって置いてしまうなんてことも。直ぐに行けば簡単な治療で済んだ虫歯の治療も忙しさや煩わしさから行かずに過ごしてしまい、かなり痛みが出た時には神経にまで虫歯が進行し、神経を抜いたや歯を抜いてしまったという話も聞きます。放置すればするほど後に大掛かりな治療になってしまったり、時間はかかり、治療費もかかってしまいます。虫歯や検診は放置せずに早め早めに歯医者に行き、大掛かりな治療になる前にしっかり治療と検診をすることで簡単な治療で済み、また先生からの歯の治療や磨き方などのアドバイスも貰うことが出来、予防にもつながっていきます。
歯は長い人生を共にするパートナーのような存在です。痛みを感じる前に対処できる常に心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
PAGE TOP