ドライマウスの恐怖とは

「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼ばれ、国内では800万から3000万人の患者がいると推定されています。これが起こる原因は、加齢やストレス、薬の副作用などさまざまです。

唾液が減少して口の中が乾くと、口の中がネバネバする、口臭が強くなるなどの症状が現れます。そして、虫歯や歯周病になる率が非常に高くなります。これは唾液が減少したことで、それが持つ免疫機能が失われ、口の中で細菌が繁殖しやすくなるからです。

高齢者にとって非常に注意しなければならないのは、「誤嚥性肺炎」をともなうケースです。本人が気づかないうちに、繁殖した細菌が少しずつ気管に誤嚥され、肺に入ることで肺炎症を起こします。これは最悪、死の危険をともなう恐ろしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…

関連リンク

  • インゴット 小分け

    インゴット分割加工サービスで、手軽に金地金を売却しませんか?分割加工により1つあたりの買取額を200万円以下に抑え、マイナンバーや支払調書の提出が不要な買取をおこなっています。

    www.buysela-japan.com/

PAGE TOP