ドライマウスの恐怖とは

「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼ばれ、国内では800万から3000万人の患者がいると推定されています。これが起こる原因は、加齢やストレス、薬の副作用などさまざまです。

唾液が減少して口の中が乾くと、口の中がネバネバする、口臭が強くなるなどの症状が現れます。そして、虫歯や歯周病になる率が非常に高くなります。これは唾液が減少したことで、それが持つ免疫機能が失われ、口の中で細菌が繁殖しやすくなるからです。

高齢者にとって非常に注意しなければならないのは、「誤嚥性肺炎」をともなうケースです。本人が気づかないうちに、繁殖した細菌が少しずつ気管に誤嚥され、肺に入ることで肺炎症を起こします。これは最悪、死の危険をともなう恐ろしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…

関連リンク

  • ドライバー派遣

    エクスプレスエージェントがドライバー不足を解消します!短期間の仕事や、一定期間社員の代わりが必要、臨時季節的業務への対応が必要など、好きな人数を好きな期間に有効活用できます。是非ご相談ください。

    www.ex-agent.co.jp/

PAGE TOP