歯周病の症状とは

口の中には目に見えない大きさの菌が大量に住んでいます。

口の中を清潔にしていないとこれが歯茎に悪さをして歯肉に炎症を起こすことがありますが、これが歯周病です。菌はプラークと呼ばれるネバネバとした住処を作って繁殖を続けますが、それが石灰化すると歯石になります。

これも歯周病のひとつで、非常に取れにくく厄介なものです。そして菌は歯と歯茎の間に入り込んで、さらに悪さを続けていきます。また菌が悪影響を出すのは口の中に留まらず、些細な傷口などから血管に入り込んで様々な病気を引き起こす原因にもなります。

最悪の場合は血管を詰まらせることもあるので、そうならないように日頃から歯周病段階での予防をしておいた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
PAGE TOP