知覚過敏の初期症状とは

冷たいものを食べたり、歯ブラシが当たっただけで激痛を伴う知覚過敏は一度発症してしまうと最悪の場合は神経を取らないといけない場合があります。

そのようなことになる前に、初期の段階で適切な治療を受ければ早期回復が見込めるので知覚過敏の初期症状について紹介しますので参考にしてください。

今まで何を食べていても歯に痛みが無かったのに、噛む仕草をすると鈍痛があるという場合は知覚過敏を発症している可能性があります。初期の段階では「ズキズキ」という激しい痛みではなく、顎に違和感がある程度のものなのが特徴です。また痛みが出るときは冷たい物を食べた時と限定もされます。

その後症状が悪化するにつれて、物が触れただけで「キーン」と痛みが全身に響きわたり温かいものを食べた時にも痛みがあらわれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  4. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…

関連リンク

  • 表参道 歯医者

    表参道の歯科医院をお探しならニノデンタルオフィス。欧米やブラジルなどしか先進国で活躍する院長が、静脈内鎮静法による治療で、痛くない・なるべく削らない治療をおこなっています。歯本来の機能向上を目指しませんか?

    www.ninodental.com/

PAGE TOP