知覚過敏の原因とは

知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺激が神経に伝わり鋭い痛みを感じます。

この痛みが知覚過敏の痛みになります。知覚過敏は歯を磨きすぎたり歯茎が後退すると起こりやすいです。歯の外側のエナメル質は体の中で最も硬い組織になりますが、時間がたつと磨耗します。

歯の内部を守っているエナメル質が磨耗して内側の象牙質が露出すると知覚過敏の原因になってしまいます。エナメル質の磨耗は歯ぎしりや歯磨きなどで磨耗します。日中や夜に歯ぎしりをしている人は知覚過敏になりやすいです。

多くの人が毎日歯を磨いていますが、歯を強く磨きすぎるとエナメル質を磨耗して歯茎が下がりやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…

関連リンク

  • ソウルジュエリー

    遺骨アクセサリーを取り扱うSoul Jewelry。大切な人への想いを、ペンダント、ブレスレット、リング、ブローチで身に付けられます。様々な素材、モチーフ、ストーン、色で選ぶことができます。アレルギーに配慮するもの、刻印ができるものもあります。

    www.mao-online.com/

PAGE TOP