ドライマウスの歴史とは

ドライマウスという症状は厄介ですよね、ただ口内が渇くという点に関しては太古の昔から同様の症状があったと思いがちですが、このドライマウスの歴史は19世紀のフランスから端を発するという意外に新しいものなのです。

さらに日本でドライマウスが疾患として定着したのは1945年以降の、段々と国民の生活が豊かになってきた頃からということで、疾患の歴史としては比較的浅いカテゴリーに入るのですね。

また、他の症候群との関連でのドライマウスの発生と、中高年の女性に多く、放っておくと重い症候群のような重篤な病気に発展してしまうことが分かったのは1960年代に入ってからのことです。

このように、実際に医学的に疾患と認められたのが比較的新しいことに驚きますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…

関連リンク

  • 赤帽 鹿児島

    24時間対応!鹿児島で引越しや不用品処分を依頼するなら赤帽トップ運送へ。九州一円対応。単身から家族、オフィスの引越し、荷物の輸送など、何でもご相談ください。

    www.akabou-top.com/

PAGE TOP