ドライマウスの時代背景とは

なぜ近年、ドライマウスの患者さんが増えているのでしょうか?それは最近の時代背景が関係しています。

ドライマウスが増加している時代背景の一つには、やわらかい食べ物を好む人が増えたということが挙げられます。

ハンバーガーなどのやわらかさが特徴のファストフードをよく食べる人が増えてきて、あまり噛まなくても食べられることで毎日の咀嚼時間が減ると、唾液を分泌する唾液腺という筋肉が衰えてしまい唾液が出にくくなってドライマウスになる人が増えてしまいます。その他にも、糖尿病などの現代病にかかる人が増えていることも、唾液が出にくくなって口の中が乾燥するドライマウスの患者さんが増えることに関係しています。

また、ストレスが多いと唾液の分泌量が減るというデータがあります。若い人から働き盛りの世代まで、ストレスを感じながら暮らしている人が多くなっていることも、ドライマウスの患者さんが増えている時代背景になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
PAGE TOP