虫歯の初期症状とは

虫歯の進行段階は全部で5段階あります。

初期がCOになり、最後がC4です。初期虫歯というのは、歯の表面からミネラル成分が溶け出して弱くなっている状態です。まだ穴は空いていない状態で歯が濁って見えます。素人だと正常な歯と見分けがつかないのが初期虫歯です。歯質と虫歯菌、糖質の3つが揃うと虫歯になります。

歯磨きで正しいブラッシングをしていないと歯垢が残ったままの状態になり歯に穴が開くリスクが高いです。初期症状のときに正しいケアをすれば、症状を悪化させずに済みます。小さな子供は歯のエナメル質が酸に弱いので、特に注意が必要です。

高齢者のように唾液が少ない人も細菌が繁殖しやすいので、キシリトール入りのガムを噛むなど唾液を多く出すようにすると歯の健康を保てます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…

関連リンク

  • バルコニータイル

    庭のないマンション生活で、バルコニーは自然を感じられる唯一のスペース。セキスイのバルコニータイル「クレガーレ」はバルコニーを利用したマンション生活の楽しみ方を提供しています。つくりたい空間のイメージを膨らませて、是非実現してみませんか?

    www.eslontimes.com/

PAGE TOP