虫歯の治療法とは

虫歯にかかっている場合の治療は、症状の進行具合によって方法が変わります。

歯医者さんは虫歯の程度をC0からC4までの5段階で表現します。もし、C0からC2までの比較的軽い症状だった場合は、虫歯の部分を削って取り除き、症状の進行を防ぐ薬を注入して被せ物でフタをします。

しかし、C3およびC4まで進行している場合は痛みが神経まで達した状態になっているので、歯だけでなく神経も取り除くことになります。薬は空洞になった部分に注入され、土台をつくった上に被せ物でフタをします。

施術が神経にまで及ぶと治療にかかる費用や期間が長くなってしまうので、虫歯に気がついたときは早めに歯科医院へいって相談をすることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  2. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  3. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…

関連リンク

  • ドライバー派遣 岐阜

    岐阜県でドライバーの仕事をお探しなら、ドライバー派遣ドットコム【東海版】を是非チェックしてみてください。ドライバー業界に特化した求人サイトなので、一般の求人サイトでは出会えない質の高い情報を多数紹介しています。

    www.tokai-driver-haken.com/

PAGE TOP