虫歯のセルフチェック法とは

見た目は黒くなっていたり穴が開いていないのに、歯が痛いと感じることはありますよね。

虫歯かどうかわからないので、歯医者に治療に行くべきかどうかを迷うことは誰にでもあります。そんな時は虫歯のセルフチェックを行うことによって、治療を行うべきかどうかを判断することができます。

実は虫歯は見た目では判断できないものも多く、特に治療をした後にも再発をすることがあります。金属を被せられていても、内側に虫歯菌が残っていたら再発する可能性がありますが、見た目では判断できません。

また黒くなっていても必ずしも虫歯になっているとは断言できませんから、まずはセルフチェックを行って気になることがあれば通院することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  4. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
PAGE TOP