虫歯の予防法とは

虫歯ができると治療に時間がかかるし、お金もかかってしまいますよね。なにより削るときの音は、いつになっても慣れないですね。

歯を削るしか治療法はないけど、削ると元には戻すことはできないですよね。そこで、虫歯ができる原因を知ることで、予防をしてほしいと思います。まずは、歯こうを作らないことが基本です。そのためには、やはり歯磨きが大切です。でも歯ブラシだけでは、実は6割ほどしか磨けていないのです。

なので、虫歯になりやすい歯と歯の間は、デンタルフロス(糸ようじ)を使って丁寧に歯こうを除去しましょう。特に食後10~15分以内に歯磨きをすることは、歯の酸化を食い止めるので重要ですよ。次に、酸から守ることも大事です。そのために、甘いものをダラダラ食べては、歯に酸を増やしてしまうので禁物です。

どれも基本的なことだけど、少し気をつけることで、虫歯のない健康な歯を目指して下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
PAGE TOP