虫歯の歴史とは

江戸時代などまだ医療が確立してなかった時代、虫歯になったらどんな治療をしていたのか気になりませんか?

江戸時代にも歯医者は存在したのですが、歯を削ったり詰め物をする技術はさすがに無く、虫歯になったらひたすら抜くのが唯一の治療方法でした。

虫歯の痛みには歯茎に大根おろしを塗るという、おばあちゃんの知恵的な民間療法も当時の人には有名な治療方法です。現代でも虫歯は治療より予防が大切と言われていますが、江戸時代にも歯ブラシのような物があり、竹や柳を細く切って先端をブラシ状にした物にハッカなどの薬味を付けて磨いていました。

江戸時代の人は今よりもずっと我慢強い人ばかりでしたが、やはり虫歯は怖かったようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
PAGE TOP