虫歯の家庭療法とは

虫歯は歯を持っていいる動物のうち特に人間がなる病気です。食事などの後に残った食べ物のかすが原因である例がほとんどですが、基本的には歯科医院にて治療をしてもらいます。

ただし、虫歯の状態によっては歯科医による処置を受けなくても直すことができる場合があります。歯は食事のたびに、脱灰と呼ばれる歯が溶ける状態と再石灰化と呼ばれる歯が復活する状態を繰り返しています。歯の表面のエナメル質が溶けはじめていて白く濁った状態ならば、家庭にて自分で治すことができます。

方法としては、フッ素を塗布してエナメル質と結びつかせ歯を強化して脱灰しにくくする、デンタルフロスで歯と歯の間にはさまった歯垢を取り除く、キシリトールを含んだガムを噛んで再石灰化を促す、などです。

あくまで初期段階の虫歯に対する家庭での治療なので、悪化した虫歯では歯科医院の受診をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
PAGE TOP