虫歯と食生活とは

虫歯を防ぐには食生活のチェックも重要です。虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯のカルシウムが溶かされてエナメル質に穴が開く病気です。

食事をすると歯垢の中の虫歯菌が酸を作りミネラル成分が溶け出します。甘いものや間食が多い人は虫歯になりやすい傾向があります。ケーキやクッキーなど甘いお菓子や砂糖の入ったドリンクをよく飲む人は、食後すぐ歯を磨くことが大切です。

口の中が酸性にならないように気をつけて、小まめのうがいをすると口の中が酸性になるのを防ぐことができます。自覚症状が出る前であれば、歯を削らずに治療することも可能です。

定期検診で歯科医や歯科衛生士に歯をチェックしてもらえば、初期の状態で治すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  3. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  4. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
PAGE TOP