虫歯と食生活とは

虫歯を防ぐには食生活のチェックも重要です。虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯のカルシウムが溶かされてエナメル質に穴が開く病気です。

食事をすると歯垢の中の虫歯菌が酸を作りミネラル成分が溶け出します。甘いものや間食が多い人は虫歯になりやすい傾向があります。ケーキやクッキーなど甘いお菓子や砂糖の入ったドリンクをよく飲む人は、食後すぐ歯を磨くことが大切です。

口の中が酸性にならないように気をつけて、小まめのうがいをすると口の中が酸性になるのを防ぐことができます。自覚症状が出る前であれば、歯を削らずに治療することも可能です。

定期検診で歯科医や歯科衛生士に歯をチェックしてもらえば、初期の状態で治すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…

関連リンク

  • 非常用発電機 負荷運転

    非常用発電機負荷運転は、非常時に消防設備が一斉稼動した際、設計通りの出力を出せるか運転性能を確認する大切な作業です。発電機の法令点検は豊富な実績と高い技術を持ったプロにお任せください!

    tec-jp.com/

PAGE TOP