虫歯と糖分の関係とは

虫歯と糖分は切っても切れない密接な関係性があります。口の中には様々な菌が存在しますが、虫歯の原因になる菌はミュータンス菌です。

食べたものの糖分をエサとして繁殖する菌です。糖分を得たミュータンス菌は酸を出しますが、この酸には歯を溶かす作用があります。ミュータンス菌が歯を溶かすことを脱灰と言いますが、この脱灰によって虫歯が出来るというメカニズムです。

脱灰を防ぐためにはミュータンス菌の繁殖を防ぐことが有効です。ミュータンス菌の繁殖を防ぐために積極的に行うべきこととしては、糖分を含む食べ物をなるべく控える、食後や就寝前の歯磨きを徹底的に行う、殺菌作用がある唾液をたくさん分泌させるなどがあります。

菌が繁殖しないように口の中を常に清潔に保つことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…

関連リンク

  • 福岡天神がんクリニック

    福岡天神がんクリニックは、患者様が安心して治療を受けられる設備と「がん」の治療だけでなく、家族の心のサポートをおこなえるような体制を整えています。治療に関して不安なことや不明点があれば、いつでも遠慮なくお問合せができます。

    tenjin-cc.net/

PAGE TOP