虫歯と糖分の関係とは

虫歯と糖分は切っても切れない密接な関係性があります。口の中には様々な菌が存在しますが、虫歯の原因になる菌はミュータンス菌です。

食べたものの糖分をエサとして繁殖する菌です。糖分を得たミュータンス菌は酸を出しますが、この酸には歯を溶かす作用があります。ミュータンス菌が歯を溶かすことを脱灰と言いますが、この脱灰によって虫歯が出来るというメカニズムです。

脱灰を防ぐためにはミュータンス菌の繁殖を防ぐことが有効です。ミュータンス菌の繁殖を防ぐために積極的に行うべきこととしては、糖分を含む食べ物をなるべく控える、食後や就寝前の歯磨きを徹底的に行う、殺菌作用がある唾液をたくさん分泌させるなどがあります。

菌が繁殖しないように口の中を常に清潔に保つことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  3. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP