虫歯を防ぐ口内ケアとは

虫歯を防ぐためには、自分でできる口腔ケアが大切ですよね。それが大事だとわかっていながらも実践するのは難しいという人も多いです。自宅でできる虫歯予防の代表格が日々のブラッシングです。

歯磨きは朝晩2回、もしくは3回以上するのが一般的です。その1回1回できちんとブラッシングができているのといないのでは、結果に差が出て当然ですよね。大切なのがブラッシング圧です。

多くの人は手に力が入りすぎているせいで圧が高くなってしまっています。汚れをきれいに落としたい気持ちの表れですが、あまり強いと歯茎を傷つけてしまったりと逆効果です。努めて優しく磨くことが大切です。

歯ブラシは細かく動かして歯間の汚れも細かく落とす工夫があるとなお良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
PAGE TOP