虫歯と赤ちゃんの関係とは

赤ちゃんの口の中は無菌状態です。ではどうして虫歯菌が居るのでしょうか。それは外からの感染です。

主に一番接触の多いパパママが感染源になります。虫歯菌は唾液を介して赤ちゃんの口の中に入って来るので口へのキスは避けた方がいいでしょう。ただほっぺたへのキスはそれほど気にしなくていいと思うので、十分なスキンシップをとってあげてくださいね。

虫歯になりやすいなりにくいも赤ちゃんの頃から3歳くらいまでに決まります。他の子がチョコレート等を食べているのにちょっとかわいそうみたいになるかもしれませんが、おやつを少し控えめにして、食べたらきっちりと歯磨きをする、これを3歳くらいまで続けていれば虫歯になりにくい歯になります。

小さい頃のケアが将来の歯の健康の為にも大事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP