虫歯と赤ちゃんの関係とは

赤ちゃんの口の中は無菌状態です。ではどうして虫歯菌が居るのでしょうか。それは外からの感染です。

主に一番接触の多いパパママが感染源になります。虫歯菌は唾液を介して赤ちゃんの口の中に入って来るので口へのキスは避けた方がいいでしょう。ただほっぺたへのキスはそれほど気にしなくていいと思うので、十分なスキンシップをとってあげてくださいね。

虫歯になりやすいなりにくいも赤ちゃんの頃から3歳くらいまでに決まります。他の子がチョコレート等を食べているのにちょっとかわいそうみたいになるかもしれませんが、おやつを少し控えめにして、食べたらきっちりと歯磨きをする、これを3歳くらいまで続けていれば虫歯になりにくい歯になります。

小さい頃のケアが将来の歯の健康の為にも大事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
PAGE TOP