虫歯と定年後の関係とは

虫歯になる原因は、歯磨きがしっかりできていないことや、甘いもものの食べ過ぎなどの理由が浮かびますね。

しかしそれらの原因は子供や若い頃のことです。高齢者の虫歯の原因はそれらに加えて、歯茎のゆるみや口内を細菌から守ってくれる唾液の減少など、高齢者特融のリスクが増えてきます。口の中に菌がたまりやすい状態になるのです。

虫歯など口の中の細菌は体内に入りやすく、年齢と共に免疫力も低下しているため、健康面にも影響を及ぼします。直接関係のない体の部分に負担をかけてしまうことにもなるのです。また、噛む力による脳への刺激の減少から、口の中が健康でない人ほど認知症になりやすいという結果も出ています。

単なる虫歯だからと侮れないのが、高齢者の虫歯です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
PAGE TOP