虫歯と50代の関係とは

虫歯は比較的若い頃に出来てしまうことが多く、年を重ねてしまうと治療した場所がそれだけ増えるものでしょう。

クラウンを取り付けたり、差し歯にしたりしている歯が増えると自然と虫歯とは縁が無くなってしまいます。それでも50代に入ってから虫歯になってしまう人がいることも本当です。

その関係については虫歯ができることが多い場所は既に治療済みですが、その隙間や歯の裏側などに歯石が溜まってしまうことがあり、徐々に隠れた場所に虫歯ができてしまうということが多いものです。50代になると比較的安心してしまうという人も多く、日頃の歯磨きが適当になってしまうことも原因の一つではないでしょうか。

周囲にあまり気を使う年齢ではなくなってしまうことも影響している可能性も否定できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
PAGE TOP