歯周病のでき方とは

歯周病は徐々に進行していく病気で、ある日突然重い症状が出るわけではなく進行過程があります。

歯周病になると歯茎が腫れたり、出血、口臭といった症状が発生します。重度になると歯を支える骨が溶け、最終的には歯が抜けていってしまうこともある病気ですから、進行が進まないうちに、早い適切な処置をする必要があります。

一般的な進行過程は、まず歯の1~2mmあるすき間に歯垢が溜まり、これを放置すると歯茎に炎症が起きます。炎症がひどくなると歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯槽骨や歯根膜などが破壊され始めます。そして炎症が更に拡大して行き、歯槽骨も半分近く損傷し、歯がぐらつき始めます。

重度になると歯はぐらぐらになります。これが歯周病の多くの場合の進行過程です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
PAGE TOP