歯周病のでき方とは

歯周病は徐々に進行していく病気で、ある日突然重い症状が出るわけではなく進行過程があります。

歯周病になると歯茎が腫れたり、出血、口臭といった症状が発生します。重度になると歯を支える骨が溶け、最終的には歯が抜けていってしまうこともある病気ですから、進行が進まないうちに、早い適切な処置をする必要があります。

一般的な進行過程は、まず歯の1~2mmあるすき間に歯垢が溜まり、これを放置すると歯茎に炎症が起きます。炎症がひどくなると歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯槽骨や歯根膜などが破壊され始めます。そして炎症が更に拡大して行き、歯槽骨も半分近く損傷し、歯がぐらつき始めます。

重度になると歯はぐらぐらになります。これが歯周病の多くの場合の進行過程です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  4. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…

関連リンク

  • https://sp.yamasa-suppon.com/products/nabe/

    究極のすっぽん鍋を食べたい!という方。料亭やまさのすっぽん鍋はいかがですか?九州産の厳選されたすっぽんのみを使用し、クセと臭みを徹底的に除去しています。詳しいレシピ付きですので、初めての方でも安心です。

    sp.yamasa-suppon.com/

PAGE TOP