歯周病のなりやすい人とは

それは歯磨きをしない人ですよ。歯周病になる一つに、細菌とその産生物から出来ているプラークがあります。

プラークを除去するためには、丁寧に歯ブラシをする必要があると言えます。マウスウオッシュなどだけでは完全に落としにくくなります。プラークは食べ物により作られることがありますが、粘着性のあるものや糖分の高いものはプラークをつくりやすいです。喫煙も影響が出ますね。

統計的にも喫煙者の方が非喫煙者より歯周病になりやすいと言うデーターが出ています。口呼吸も関係ありますよ。口呼吸すると国の中が渇いてしまい、プラークがたまりやすくなってしまいます。また、唾液量が少なくなると細菌が活動しやすくなることも原因となります。後は歯並びと言うのも関係していますよ。

歯並びが悪いと歯磨きは上手くいかないので歯磨きの仕上がりが上手く行かないことがありますからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP