歯周病と30代の関係とは

働き盛りの30代ですが、体の衰えが出始めるときでもあります。

髪の量や肌のハリも気になりますが、何より気を付けて欲しいのが歯周病。歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯垢が溜まっていると、歯周病菌が歯茎にダメージを与えて歯を支えられなくなってしまいます。

歯周病は30代からなってしまうことが多く、なんと30代のおよそ8割の人の歯周組織に異常があるというから驚きですね。自分ではなかなか歯周病かどうかは判断できませんが、まず、注意することが「歯茎のハレや出血」と「口臭」です。もし思い当たるようであれば早めに歯科医院の門を叩きましょう。

放置しておくと徐々にダメージが大きくなり治療にも時間がかかってしまいますので早めの相談が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  4. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…

関連リンク

  • 医院開業

    医院開業をお考えなら、メディカル・イノベーションの医療コンサル。業界では珍しい成果報酬型コンサルティングで、ドクターをサポート。特に「開業物件選び」「資金調達」を得意とし、業界屈指のノウハウを提供しています。是非一度ご相談ください。

    www.medicalinnovation.co.jp/

PAGE TOP