歯周病と20代の関係とは

歯周病と言えば中高年の病気だと思われがちですが、実は若い年代の方にも多く、20代から歯周病にかかってしまっている方もいるようです。

きちんと歯磨きをしない、たばこを良く吸う、ストレスを感じることが多い、歯医者さんには歯が痛いときにしか行かない、これらはすべて歯周病の危険度を図るチェックリストの項目でもあることを考えると、ドキッとする若者も多いですよね。

歯ぐきに何らかの違和感があると感じているなら、早い段階でデンタルクリニックを受診することが大切です。初期であれば歯磨きと歯ぐきのブラッシングを丁寧に続けることで改善できるので、放っておかず定期健診を受けるようにしましょう。

歯周病はよほどひどくならない限り自覚症状がないので、20代でもじわりじわり進行している可能性も多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP