知覚過敏の治療法とは

キーンと痛む知覚過敏はとても辛いですよね。程度が軽い場合、実は自然に消失することもあるんですよ。

これは、歯の象牙質というところの露出部分を歯磨き剤の再石灰化成分で埋められた場合のことです。知覚過敏は主に歯科医院で治療を受ける形になるんですが、知覚過敏は神経が刺激を受けて痛みを感じているものなので、その神経に信号を送らせないよう、または興奮させないようにする治療がよく行われます。

また、露出した象牙質の内部の小さな隙間を封鎖することで、神経への刺激の伝達を遮断する方法もあるんです。歯科医院で封鎖するための材料を塗ることでその効果が得られるのですが、歯磨き剤よりも効果が高くて即効性があるんですよ。

他にも象牙質の表面を樹脂で覆ったり、知覚過敏が酷くて生活に支障がある場合は神経を取り除く治療を行う場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
PAGE TOP