歯周病の恐怖とは

歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎のように、歯そのものに起こる病気ではありません。

歯茎は柔らかい組織と硬い組織の接点であり、体の中では最も弱くなっている部分のため細菌がついてしまうと炎症などの病気をおこしやすくなっているんです。歯茎が炎症を起こす状態が歯肉炎、その状態がひどくなってくると歯周炎となってさらに悪化した状態が歯周病になります。

歯周病というのは、歯の周囲についたプラークが歯と歯茎の間に入り込んで歯を支えている歯を溶かしてしまい、最後には歯が抜けてしまう病気なんです。

最初は歯茎の出血や腫れから始まり痛みがないために放置されて、最終的には骨が溶けて歯が抜け落ちるという恐ろしい病気なんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
PAGE TOP