知覚過敏の無痛治療とは

知覚過敏になると、冷たい物を飲食した時や歯ブラシが歯のある部分に当たったことなどがきっかけになって、キーンとしたりズキンとするような痛みを感じるようになります。

そんな知覚過敏を治したい時には、出来れば無痛治療で改善したいという方が多いのではないでしょうか。知覚過敏の無痛治療には、レーザー治療で処置をしてくれる歯医者さんがあるので探してみましょう。

レーザー治療は知覚過敏が起こっている部分にレーザーを照射して、歯の神経へ伝わる刺激を遮断して痛みを抑えるという方法です。レーザー治療だと治療中に痛みを感じる人がほとんどいないとされているので、無痛治療を望んでいる人に向いています。

その他にも露出することで痛みが起こっている象牙質のすきまに詰め物をしたり、象牙質の表面を被膜で覆うなどの方法も、患者さんにとって痛みが少ない形での知覚過敏治療になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  3. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP