知覚過敏の家庭療法とは

知覚過敏は冷たいものを飲んだりした時や歯をブラッシングしている時の歯ブラシの毛先が触れた時に感じる一過性の痛みのことなのですが、知覚過敏になると歯に違和感があって困ってしまいますよね。

そんな時には歯医者さんに行って見てもらうということが一番なのですが、自宅でもケアできな意だろうかともう人も多いといえます。知覚過敏の家庭療法は、常温かぬるま湯でゆすいでから知覚過敏用の歯磨き剤でプラークコントロールをするということなのです。

また、甘いものを多く食べると知覚過敏も進行しやすいといわれていますので、こうした甘いものは控えるようにして、食後の歯磨きやマウスウオッシュを用いたケアなどを併用するのがおすすめですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
PAGE TOP