知覚過敏の歴史とは

冷たいもの食べたり飲んだりすると痛くてたまらない知覚過敏は、歯を守ってくれるエナメル質がなくなって刺激が直接歯の中にある神経に届いてしまうから起きることですね。

昔からそういうことで悩んでいる人は大勢いましたが、最近では特に知覚過敏になってしまう人が増えていますよ。それは仕事や家事とかを抱えて今の人達が忙しく生活していることが原因ですね。

たくさんのストレスを抱えて生きているために、気が付かないうちに歯ぎしりをして表面のエナメル質が削れたり、力がかかってぱっくりと割れてしまうことが原因です。それに、酢を使った食べ物や飲み物が健康のために好んでいる人は結構いますよね。

たしかに栄養という意味では優れているのですが、歯を溶かしてしまうので知覚過敏には良くないんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  3. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
PAGE TOP