知覚過敏の歴史とは

冷たいもの食べたり飲んだりすると痛くてたまらない知覚過敏は、歯を守ってくれるエナメル質がなくなって刺激が直接歯の中にある神経に届いてしまうから起きることですね。

昔からそういうことで悩んでいる人は大勢いましたが、最近では特に知覚過敏になってしまう人が増えていますよ。それは仕事や家事とかを抱えて今の人達が忙しく生活していることが原因ですね。

たくさんのストレスを抱えて生きているために、気が付かないうちに歯ぎしりをして表面のエナメル質が削れたり、力がかかってぱっくりと割れてしまうことが原因です。それに、酢を使った食べ物や飲み物が健康のために好んでいる人は結構いますよね。

たしかに栄養という意味では優れているのですが、歯を溶かしてしまうので知覚過敏には良くないんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
PAGE TOP