知覚過敏と30代の関係とは

知覚過敏になっている日本人は多く、4人に1人が冷たい飲み物や食べ物を口にすると歯がしみる症状で悩んでいます。

このような症状になる原因には様々なものがあり、その中の1つに、加齢によって歯茎が下がり知覚過敏になることもあります。

加齢による原因以外にも、歯周病や強すぎる歯みがき、歯ぎしりや酸性食品の摂りすぎなどによって知覚過敏の症状が出る場合もありますので、防ぐことが出来るものに関しては注意してみるのも良いでしょう。また、症状が酷くて飲み物や食べ物を口にする事が辛い状況であれば、治療が可能な場合もありますので歯医者で相談してみることをおすすめします。

いずれにしても、身体の中でも歯はとても大事なパーツですので、日頃からケアをし大切に扱うことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…

関連リンク

  • 美容皮膚科 神戸

    神戸・西宮・芦屋で、お肌に関するお悩みは「ゆみ美容皮膚科クリニック」。スレッドリフト(糸によるリフトアップ)やヒアルロン酸注入など、切らずにナチュラルで美しいリフトアップを得意としたクリニックです。女性だからこそ分かるお悩みやご要望に女性医師が丁寧に対応します。

    www.yumi-beauty.jp/

PAGE TOP