知覚過敏と40代の関係とは

冷たいものを飲んだときや食べたときに思わず歯がしみて知覚過敏なのでは、と疑問を抱くようになる40代の方は意外にも多いですよね。

歯茎は加齢によって少しずつ下がってくるものなので、それに伴い知覚過敏が現れることは往々にしてあるので注意が必要ですね。そのような方の中には若い頃からのくせで、歯ブラシで力任せにゴシゴシと磨いてしまう癖が付いているという場合もありますよね。

しかしながら。歯茎が下がった原因で知覚過敏を起こしている場合は、優しく磨くだけで改善される方も多くいらっしゃいますよ。また、最近では知覚過敏専用の歯磨き粉というものもたくさん販売されているので、試してみましょう。

それでも中々改善しないようであれば、お近くの歯科医院に相談してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP