知覚過敏と20代の関係とは

知覚過敏で悩んでいる日本人は多いと言われ、早い方では20代で冷たい飲み物や食べ物を食べると歯がしみる人もいます。

知覚過敏は、歯周病や加齢による歯茎の下がりや酸性食品の摂取、強すぎる歯磨きや歯ぎしり・歯の食いしばりが原因で起こる場合が多いと言われいます。

また、歯が欠けてしまった時や、歯の虫歯や治療中の際にも起こることがあります。このような知覚過敏の症状が感じられたら、早めに歯科医院にて診てもらうことが大切です。治療をすれば治ることもありますので、我慢をせずに医師の診察を受けましょう。

歯はとても大切な部位ですので、防ぐことが出来る原因については予め予防しておくようにすることがとても大切になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  3. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…

関連リンク

  • 熊本 屋根工事

    屋根工事・外壁工事はトモケン。築年数が経ってきて心配な屋根の状態など、是非ご相談ください。30年の実績と知識で安心安全なサービスを提供しています。

    www.tomoken-kumamoto.jp/

PAGE TOP