ドライマウスのでき方とは

ドライマウスは口腔乾燥症という病気のことで、口の中やのどにうるおいがなくなり唾液がない乾いたじょうたいになることで、口の中の乾燥による不快感などを感じる病気です。

どうしてドライマウスになるかの原因も様々で、糖尿病や腎臓病などの病気に結びついていることもあれば、薬の副作用や日頃の生活習慣が原因になりこともあります。鼻炎などの鼻疾患や癖で、いつも口呼吸や眠っている時に口が開いている方は、唾液が蒸発して口の中が乾く原因にもなります。

他にも精神的なストレスや緊張も交感神経が刺激されることで、唾液の分泌が抑制されたり、加齢によって口や顎の筋肉が低下や萎縮するすることによって、唾液の分泌が少なくなるなどの原因もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…

関連リンク

  • 国際結婚

    国際結婚をお考えなら、日本国際結婚協会へご相談ください。安心・安全な在日外国人のデータベースを保持し、日本が大好きな外国人女性を紹介しています。国際結婚に憧れはあるけれども、出会いがない、不安がある方など、是非相談してみてください。

    ji-marriage-a.or.jp/

PAGE TOP