ドライマウスのでき方とは

ドライマウスは口腔乾燥症という病気のことで、口の中やのどにうるおいがなくなり唾液がない乾いたじょうたいになることで、口の中の乾燥による不快感などを感じる病気です。

どうしてドライマウスになるかの原因も様々で、糖尿病や腎臓病などの病気に結びついていることもあれば、薬の副作用や日頃の生活習慣が原因になりこともあります。鼻炎などの鼻疾患や癖で、いつも口呼吸や眠っている時に口が開いている方は、唾液が蒸発して口の中が乾く原因にもなります。

他にも精神的なストレスや緊張も交感神経が刺激されることで、唾液の分泌が抑制されたり、加齢によって口や顎の筋肉が低下や萎縮するすることによって、唾液の分泌が少なくなるなどの原因もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…

関連リンク

  • https://www.tanidashika.jp/

    歯医者に行きたくないけど、歯がとても痛い…!という方。兵庫県西宮市のタニダ歯科医院で治療しませんか?すべての歯科医師や歯科衛生士が歯科用拡大鏡を使い、虫歯のみを削り、痛みに配慮してくれます。徹底したカウンセリング・治療前の説明をしてくれます。

    www.tanidashika.jp/

PAGE TOP