ドライマウスと赤ちゃんの関係とは

ドライマウスは様々な原因があります。一番多いのは鼻呼吸をしている方です。

鼻が悪くて口呼吸をしてしまっているとドライマウスになりやすいという傾向が有りますし、鼻呼吸をうながすようなテープを貼ると言った対策も有りますので試してみましょう。また妊娠している時には女性ホルモンの影響もあり、女性は特に口内の環境が悪化しやすいと言われています。歯周病になりやすく、同時に口の中が酸性になるので虫歯になる可能性も高まります。そうなればドライマウスと合わせるとさらに色々な症状が出てくることになるでしょう。

赤ちゃんが生まれるとしばらくは忙しくて歯医者さんにもあまり足を運べなくなってきますので、妊娠中にできるだけ虫歯の治療をすることも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
PAGE TOP