ドライマウスと子供の関係とは

子供のドライマウスの症状は、口呼吸と関係が深いといわれていますよね。

子供の場合、呼吸がうまくできないとついつい口呼吸をし勝ちになってしまいます。その状態を続けているとますます口に中が乾燥し、唾液が出にくくなって虫歯の出来やすい状況を作り出してしまう恐れがあります。

子供が口呼吸をしていると気がついたら、出来るだけ早く歯医者さんにかかって診察をうけることが大切ですね。口呼吸は癖になるとなかなか治らなくなってしまうので、できるだけ早い対策が必要ですよ。歯医者さんに指導してもらうことで、ドライマウスの症状を改善することができます。

キシリトールガムを活用して唾液を促進させる努力をすることも大切といわれていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  3. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
PAGE TOP