ドライマウスと子供の関係とは

子供のドライマウスの症状は、口呼吸と関係が深いといわれていますよね。

子供の場合、呼吸がうまくできないとついつい口呼吸をし勝ちになってしまいます。その状態を続けているとますます口に中が乾燥し、唾液が出にくくなって虫歯の出来やすい状況を作り出してしまう恐れがあります。

子供が口呼吸をしていると気がついたら、出来るだけ早く歯医者さんにかかって診察をうけることが大切ですね。口呼吸は癖になるとなかなか治らなくなってしまうので、できるだけ早い対策が必要ですよ。歯医者さんに指導してもらうことで、ドライマウスの症状を改善することができます。

キシリトールガムを活用して唾液を促進させる努力をすることも大切といわれていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…

関連リンク

  • 犬のサプリメント 比較

    犬用サプリメントの比較サイト。全国の愛犬家が選ぶ犬用サプリメント徹底比較BEST5を紹介しています。価格・成分・安全・口コミなど、それぞれの特徴を紹介しています。是非チェックしてみてください。

    www.dogranking.com/

PAGE TOP