ドライマウスを防ぐ口内ケアとは

私たちは1日ペットボトル約2本分の唾液を分泌していますが、この分泌量が減少したときにドライマウスの症状が発生します。

自分でできる口内ケアとしては「こまめな水分補給」があげられます。常に口の中の潤いを保つよう、ペットボトルやマウス用保湿スプレーを携帯すると良いです。

また部屋の加湿対策に気を配るのも重要です。それから舌を突き出したり引っ込めたり、舌で頬の内側を押してみたりして「舌のストレッチ」を行うのも唾液の分泌が促されて良いですね。そしてなるべく口呼吸を避け、日頃から鼻呼吸を意識して生活しましょう。

ドライマウスが進行すると口臭・虫歯・歯周病等を引き起こします。そうなる前に、上記のような自己ケアを行っても症状が改善しない場合は早めに医師の診察を受けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
PAGE TOP