ドライマウスと30代の関係とは

ドライマウスの原因は様々ありますが、やはり1番わかりやすいのが年齢が上がれば上がるほど唾液の分泌能力が落ち唾液量が減ることで口の中が乾きやすくなることでしょうか。

10代より20代、20代より30代と年齢が進むにつれ、若い時より機能も少しずつ落ちていきます。唾液分泌能力も同じこと。若い時よりは少なくなってくるでしょう。また、30代は仕事でも責任のある仕事を任されたり、後輩の指導や上からの指示など仕事も20代の頃に比べ、ストレスが多くなったり緊張感のある仕事場面が多くなったりしてきます。

ストレスや緊張も唾液の分泌を抑制してしまい、口の中が乾きドライマウスを引き起こしてしまいます。口が乾くだけだからと甘くみていると、知らない間に虫歯や口臭、歯周病などに発展していきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…

関連リンク

  • リフォーム 仲介

    業界からの反発覚悟で情報公開!リフォーム会社選びなら優良工事店ネットワーク。一般人が知りえない情報を一般公開!リフォーム金額の本当の話をチェックしてみてください!

    ykn.jp/

PAGE TOP