ドライマウスと20代の関係とは

お口の中が乾燥する、ネバネバする、唇のひび割れでリップクリームが手放せないなどの症状はありませんか?

食べ物が飲み込みにくくなる、のどが渇いて夜中に目を覚ますことがあるなどの症状があれば、ドライマウスの可能性があります。ドライマウスは、中高年以降その症状があらわれていましたが、最近では、20代からもその症状が現れていますよ。

風邪薬や鼻炎の薬を服用したら、のどが空っからに乾燥しますよね。ドライマウスの症状です。唾液はお口の細菌を洗い流す作用をもっています。唾液の量が少ないということは、口臭や虫歯、歯周病といったトラブルを引き起こしますよ。

塩辛い食べ物は控える、口で呼吸せずに、鼻で息をするようにすれば、ドライマウスの症状は和らぎますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…

関連リンク

  • 北九州 リフォーム

    九州でリフォームをお考えの方は須原建材。施工事例も多数紹介しています。1932年から営業してきた実績と知識で、快適な住まい作りを提供しています。是非ご相談ください。

    www.rp-suhara.co.jp/

PAGE TOP