ドライマウスと50代の関係とは

ドライマウスは誰もが抱える体調不良ですね。ただ50代の方が抱えやすい傾向があります。原因は端的に言って、やはり年齢の影響があります。若い頃のように体が思うように動かなかったり、季節の環境変化に弱くなるものですよね。

50代になりますと自然と男性、女性ともにアルコールを嗜む機会が増えるようです。ビールやワインや缶チューハイなど、美味なお酒類が多々あります。お付き合いの関係で嗜む人々も少なくはありませんが、あまり頻繁に飲むとドライマウスの原因になると言われていますよね。

除湿器を部屋で使い過ぎる環境もドライマウスの原因とされ、パソコンやテレビなどの家電製品が多いオフィスで働く50代の管理職の男女は常日頃から気を付けたいところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP