ドライマウスと定年後の関係とは

ドライマウスとは口腔乾燥症のことで、口の中が乾燥してしまう病気のことです。

これは、歳をとるとなりやすくなるので、それまで無病息災であった人でも、定年後にかかってしまうこともあります。したがって、定年後との関係でいえば、それまで病気がなかった人でも加齢に伴ってなってしまうことがあるということを理解してください。

症状としては口臭がひどくなったり、歯垢が増えたり、口の中がひりひりするなどの症状が伴います。治療方法としては口の中を保湿する薬剤の服用や、洗口液の使用、マウスピースの着用などいろんな方法があります。

治療は最適な方法をそれぞれに合わせて決めてもらうことができますので、もしドライマウスで悩んでいる人がいるなら歯医者にいってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
PAGE TOP