口臭のでき方とは

見た目がきれいな人でも、口臭がひどいことで印象が悪くなったことはないでしょうか。同じことが自分にも当てはまりますので、口臭がなぜできるのかを知り、しっかりと対策するようにしましょう。

口臭ができる原因として最も多いのが、口の中に細菌が発生することによるものです。もともと口の中は、食材による汚れで細菌が発生しやすい環境になっています。それを唾液が洗い流すことで口臭を抑えているのですが、就寝時やストレスが溜まっているときなどは唾液の分泌量が激減し、細菌が増えるという仕組みです。

そのため対策法としては、唾液の量が少なくなりやすいとき、水分補給をするなどして口の中に潤いを与えてあげることです。お茶を飲んだり、軽食を摂るのも唾液を増やす効果があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  3. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  4. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…

関連リンク

  • 株式会社ファクテム

    快適な家づくりをしたい方。ファクテムの「Pro X遮熱シート」で、夏は涼しく、冬は暖かい暮らしを実現しませんか?輻射熱97%を反射し、破れにくい素材をサンドした厚さ約0.23mmの軽量なシートです。腐食防止コーティングにより、劣化の原因である腐食を防いでいます。

    factem.co.jp/

PAGE TOP