口臭のなりやすい人とは

人と対面した時などに気になる口臭は、なりやすい人となりにくい人がいます。口臭にも色々な原因があるのですが、胃腸からくるものもあるため、胃腸の弱い人はなりやすく、歯を磨いてもなかなか改善しないこともあります。

また、タバコを吸う人やコーヒーをよく飲む人などもなりやすい傾向にあります。こうして考えると口臭というのは単にエチケットの問題だけでなく、自分の健康状態を知る上でのバロメーターにもなるものと言えるでしょう。健康的な生活習慣を心がけ、健康を保っていればそれだけ口臭のリスクも減らせるということになります。

自分の身体に気を付けることが、他人と向き合う際のエチケットにも繋がるので、自分の身体は大切にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  3. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
PAGE TOP