口臭を防ぐ歯の磨き方とは

口臭を防ぐ歯の磨き方とは、どうしたらいいのでしょうか。

口臭の原因は、口の中の細菌が悪さをしているからです。その原因を取り除くには、どうしたらいいのでしょうか。

ご飯やお菓子を食べた後、それらが口の中で細菌に変わっていきますので、食べた後30分後くらいに歯ブラシを当ててあげると良いですね。その際、歯一本一本を意識して歯ブラシを使うことがポイントです。歯の表面や右左裏側と、歯と歯茎との境目を丁寧にマッサージするかのように磨いてあげるととてもいいですね。

せっかちな人はあっという間に歯ブラシを終えておられませんか。もしそうだとしたら、細菌を取り除くことができていないかもしれません。歯を大事にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  3. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP