口臭を防ぐ歯の磨き方とは

口臭を防ぐ歯の磨き方とは、どうしたらいいのでしょうか。

口臭の原因は、口の中の細菌が悪さをしているからです。その原因を取り除くには、どうしたらいいのでしょうか。

ご飯やお菓子を食べた後、それらが口の中で細菌に変わっていきますので、食べた後30分後くらいに歯ブラシを当ててあげると良いですね。その際、歯一本一本を意識して歯ブラシを使うことがポイントです。歯の表面や右左裏側と、歯と歯茎との境目を丁寧にマッサージするかのように磨いてあげるととてもいいですね。

せっかちな人はあっという間に歯ブラシを終えておられませんか。もしそうだとしたら、細菌を取り除くことができていないかもしれません。歯を大事にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
PAGE TOP