虫歯の恐怖とは

歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様々なトラブルが生じます。大丈夫だろうと軽く見るのではなく、早めの治療をおすすめします。

もし虫歯がひどくなると、歯が抜けることになり食べ物をしっかり噛むのが難しくなります。お肉のような噛みごたえを味わう食材も食べづらくなり、食事を億劫に感じるようになるかもしれません。

空気を溜めることができなくなるため、発音も悪くなってしまいます。例えばサ行などは、歯の間から適量の空気を吹き出すことで発音しています。歯がまるごとなくなると、上手く喋れなくなるのはこのためです。

虫歯は進行することで、神経をも侵してしまいます。痛みがひどくなるばかりか、雑菌が入り込むことで死に至ることもあり、放置するのはとても危険です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
PAGE TOP