口臭と30代の関係とは

30代以降になると口臭の悩みを持つ人が多くなります。口臭の原因は人によって様々ですが、そのひとつが歯周病です。

歯周病で歯茎がはれて炎症が起きると歯根膜が崩れます。歯根膜が崩れてしまうと膿がでてきますが、この膿が強い臭いを出します。硫化水素も口臭の原因で、卵が腐ったような臭いがするので他人に不快感を与えます。

歯周病は虫歯のように細菌が歯を溶かす病気ではなく、歯を支えている歯茎がダメージを受ける病気です。歯が腫れたり出血がある場合は、早めに歯科医の診察を受けて適切な治療をしてもらうことで歯周病を防ぐことができます。歯周病が治れば歯周病が原因の口臭もなくなります。

歯周病の防止には毎日の歯磨きも大切ですが、正しくブラッシングすることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  3. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…

関連リンク

  • 整体 スクール

    整体師の資格取得を徹底的にサポートするウィルワン整体アカデミー。現場で即戦力となる技術力にこだわったカリキュラム、業界No.1の就職率、独立開業のサポートなどをおこなっています。

    www.willone-academy.jp/

PAGE TOP