口臭と30代の関係とは

30代以降になると口臭の悩みを持つ人が多くなります。口臭の原因は人によって様々ですが、そのひとつが歯周病です。

歯周病で歯茎がはれて炎症が起きると歯根膜が崩れます。歯根膜が崩れてしまうと膿がでてきますが、この膿が強い臭いを出します。硫化水素も口臭の原因で、卵が腐ったような臭いがするので他人に不快感を与えます。

歯周病は虫歯のように細菌が歯を溶かす病気ではなく、歯を支えている歯茎がダメージを受ける病気です。歯が腫れたり出血がある場合は、早めに歯科医の診察を受けて適切な治療をしてもらうことで歯周病を防ぐことができます。歯周病が治れば歯周病が原因の口臭もなくなります。

歯周病の防止には毎日の歯磨きも大切ですが、正しくブラッシングすることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
PAGE TOP