口臭と定年後の関係とは

あなたは口臭に悩まされた事はありますか。年齢に関係なく誰もが抱えている悩みなのかもしれません。特に人と接する機会が多い人にとっては重大な事かもしれません。

口臭が発生する原因の1つは口内細菌の存在が大きく影響を与えます。年齢を重ねるほどに食するものが多様化します。その影響で歯の治療をする機会が増えて、場合によっては人工の歯を入れる事があるかもしれません。

さらに、40代以降になると歯周病菌が盛んに繁殖してきます。この影響で、口腔内環境の悪化が始まり口臭を引き起こししてしまいます。口内の環境は常にクリーンな状態を保って置くようにしましょう。

口臭は自分では気がつきにくいものですので常日頃から意識する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
PAGE TOP