口臭と50代の関係とは

若いころには口臭なんて気にならなかったというのに、50代になってからだんだんと口臭が気になりだす人もいます。

50代になってから口臭が気になりだしたのであれば、何が原因になっているのかを知りたいところですが、年齢とともに歯周病菌が口内で増えやすい状態になっていることが考えられています。

歯周病菌が増えるだけではなく歯周病を発症している人も多いですので、口臭があるのであれば、一度歯医者に行って相談をしてみるといいでしょう。その他に考えられる原因は、若いころに比べて免疫両区が低下していることも原因になっていることがあります。

出来るだけ体の免疫力を高めるように気を付けることによって、口臭防止につなげていけますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  4. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
PAGE TOP